ログイン  |  新規登録  |
Google Translate

サイト情報
言語選択 flagflag
デバッグ・ウィンドーサイズ
PukiWiki最新記事
サイトマップ
PukiWiki新着添付ファイル
PukiWiki新着トラックバック
デバッグ表示
PHP_VERSION : 5.3.29
REGISTER_GLOBALS : false
ALLOW_URL_FOPEN : true
internal_encoding : UTF-8
mbstring.language : Japanese
http_input :
http_output : pass
func_overload : 0
mail_charset : ISO-2022-JP
mail_header_encoding : BASE64
mail_body_encoding : 7bit
$ HTTP _SERVER _VARS[ REMOTE _ADDR] : ND
$ REMOTE _ADDR : ND
$_SERVER[REMOTE_ADDR] : 54.196.89.247
$ _SERVER[ HTTP _X _FORWARDED _FOR ] : ND
オンライン状況
4 個所からの接続を検知しました。(2 人のユーザが PukiWiki2008 を参照しています。)

ログインユーザー: 0
総接続数: 4

もっと...
PR i

flagflag
このXOOPSは?
Utype XOOPS 2.0.16a MLと呼んでいます。 >UNICODE >UTF-8 >UJiki

以下は改訂履歴からの一部の抜粋にすぎません。全ての改訂履歴はここをクリックしてください。
  1. 独自インストーラー仕立てで誰でも簡単インストール
  2. CGI/PHPモード選択可能だから直前直後の「パーミッション変更」も無用! インストール直後に全自動でインストールディレクトリーをランダムにリネームし、パーミッションを 400に強制変更しますから安心! パーミッション問題が皆無になるのは、これからのインストーラーのスタンダード!
  3. 初心者向け「バカチョンオートモード」も搭載で入力項目を可能な限り省略しました。もちろん「プロフェッショナルモード」も選択可能だから初心者以外もご不満なし。
  4. 「全モジュールインストールモード」搭載で全ての同梱モジュール全てがインストールされます。インストール直後より全モジュールが稼動していますので、後は好きになれないモジュールはマスクするかアンインストールすると言う逆転発想のインストーラー。 もちろん従来のインストールも選択可能。
  5. 複数のXOOPSを唯一のユーザーDBで稼動可能
    XOOPSアカウントセンター」標準機能!
  6. 単純なMD5ハッシュ利用は取り止めました。ユーザーパスワードを護ります!
  7. UTF-8専用の多言語処理。日本語専用化も可能!
  8. 多言語なのにXOOPSキャッシュ機能をフルサポート!
  9. MySQL5(UNICODE)専用! 推奨しませんがMySQL4での利用も可能
  10. phpMyAdminで文字化け皆無(MySQL5)
  11. mysqldumpでも文字化け皆無 (MySQL5 / UNICODE)
  12. MySQL5とPHP5とはUTF-8通信
  13. PHP5で利用するUTF-8
  14. XOOPS PHP全スクリプトは圧縮済みの最高速
  15. PHPスクリプト言語はUTF-8
  16. インターネット通信網をUTF-8
  17. ブラウザーもUTF-8表示
  18. 通信中の無駄な文字変換が無いので最速
  19. ワンタイム・パスワード運用に変更。だから安全
  20. 管理者が自由な設定で定期的に各ユーザーにパスワードの変更を促す簡単プロフィール画面が自動的に立ち上がる。
  21. 24時間メールアドレス変更可能
    独自認証機能。履歴表示機能。
  22. 共用メールアドレスを完璧サポート
    セルグループから始める教育現場での利用を完全サポート!
  23. インストール直後より
    1. 多言語機能自動稼動
    2. 最新PROTECTOR自動稼動
    3. 共用SSLサーバー利用即時OK
    4. ハートビートセッション延長機能搭載
      それでもハイジャックされない
    5. 送信箱附PM機能
  24. 個人情報を護るのは標準仕様!
    1. 新規登録SSLモード提供
    2. ログイン処理はSSL
    3. パスワード紛失処理はSSL
    4. メルアド変更処理はSSL
    5. プロフィール編集はSSL
    6. ゲストからはプロフィールがマスク
  25. XREA広告義務サーバーでも問題無し! テーマデザインを崩しません! 画像認証機能も問題なし!
  26. ゲストによるXOOPSコメントは画像認証自動搭載
  27. ゲストによるフォーラム投稿は画像認証自動搭載
  28. プロフィールとAjax郵便番号を融合済み
  29. ユーザーグループ・コピー機能搭載
  30. Affiliate目的のアカウント取得を排除
  31. フルLightbox対応済みのMyAlbum-P標準同梱
  32. 3種類のLightbox同梱
  33. 全てのBBコードでLightbox自動機能
    リンク先に画像が無いページではLightbox化させない。よって無駄な通信負荷は起こり得ない!
  34. 全てのモジュールでLightbox自動機能
  35. 静止画像だけでなく、FLV動画、MP3音楽や朗読もLightbox自動処理
  36. 管理画面でLightbox処理を選択可能
などなど




※ 今直ぐにゲットしよう!
ここから


flagflag
Uliki.oO
- Ujiki.oO 2009 -

※ 無断転載は禁止しています ※
全てのコンテンツにつきまして事前許可の無い転載を禁止しております。リンクは自由に行ってください。将来に渡り「リンク切れ」を起こさないためには「当サイトのWebリンク」への登録が必要です。
XOOPS左サイドバーを隠す(開発途上)
サイト記憶
本ページをブックマークする
Counter: 21991, today: 12, yesterday: 8

XREAで完璧XOOPS その5

※本ページは筆者が作成したLivedoorWikiより移植したものです。

バナーをもっと美しく! 多言語仕様な 31のテーマと モジュール毎に自動で切り替わる テーマチェンジャーの配布

f316a7fd-s.png SIZE:158x42(7.1KB)  英語化  本ページの短縮URL:

http://fs4y.com/?e=5

警 告
 2007/07/16 00:52am JST : ダウンロード用の圧縮化アーカイブファイルを更新しました。  古いアーカイブを利用中の方は、以下の解説と矛盾致しますので、ご注意願います。
再アップの理由はモジュール別のMETAタグ情報の保存先を、XOOPSキャッシュフォルダーではなく、テンプレート・コンパイル先のディレクトリーに移転させました。これで、SSL/非SSL×多言語でも、唯一のMETAタグを表示できます。
RSS等のMETAタグ出力用の以下のスマート変数を全てのテーマに導入しました。
BBコード &#91code&#93表示をスクロールバー表示させます。 
<{$xoops_rsslink1}><{$xoops_rsslink2}>

以下の画像は小さ目のサイズを得る為にモニターを800×600ピクセルに設定して ブラウザーの内側だけを抽出して作成したものです。
バナー広告の位置なり、サイズは、
モニターの表示ピクセルによるサイズで改善されます。
まあ、800x600ピクセルなんて利用している方は皆無かも知れませんね。

898189a0.png SIZE:794x498(73.4KB) 058b0adb.png SIZE:778x498(18.0KB) a3d4587d.png SIZE:778x498(21.0KB) 63c36e2d.png SIZE:794x498(237.1KB) f0e5d78c.png SIZE:778x498(26.9KB) 30447f93.png SIZE:794x498(28.1KB) df7f095c.png SIZE:794x498(16.7KB) 6aa695b6.png SIZE:794x498(22.9KB) c6f3961f.png SIZE:778x498(24.4KB) 83bdc047.png SIZE:778x498(28.8KB) ca2d810e.png SIZE:778x498(19.5KB) 6d771e65.png SIZE:778x498(17.5KB) 6221b15b.png SIZE:778x498(25.8KB) 610272cf.png SIZE:778x498(38.2KB) 67ef87cd.png SIZE:778x498(37.7KB) b6e9677e.png SIZE:778x498(39.1KB) 59379ef0.png SIZE:778x498(21.9KB) 9ff58c7e.png SIZE:778x498(22.5KB) 76c2f3c1.png SIZE:778x498(21.9KB) 2cadbae8.png SIZE:794x498(22.9KB) 5f19c16f.png SIZE:794x498(22.5KB) a21aa5b2.png SIZE:778x498(27.1KB)

※ さて、筆者が改良した31のXOOPSテーマを導入しますか。以下のような特徴があります。どれも配布元のオリジナルとは異なります。本ページ完成次第、各著作者に許可を得る予定です。その段階で、賛同を得れないテーマがありましたら、配布アーカイブより削除してまいります。

■ XOOPSのバナー管理に対応します。
管理メニュー >> バナー管理での登録に連携し、システム設定メイン »»一般設定 の、「バナー広告を有効にする」に連動させます。
※ XOOPSの管理メニューで全て制御しますから、バナーのON/OFFも簡単。バナーの入れ替えも簡単。企業でXREA+契約中でも、予算申請を忘れていると更新手続きが遅れるかも知れません、そんな時でも「即時XREAバナー挿入可能」! XOOPSデザインは全く崩れないから良いよね。
■ XREA標準広告埋め込み場所とは異なる場所への埋め込みの試行
テーマごとのデザインを最重視します。テーマにとって最も適当と思われる場所へ広告を埋め込みます。
※ バナーを切っても、バナーを配置しても、デザインは変わらないって、訪問者に対しての思い遣りかも。。。
■ 日本語で作成されたテーマも多言語化
デザインセンスが良いものの中にも日本語専用のテーマが存在します。多言語化しましょう!
※ 英語版のクールなテーマも多言語化で日本語化しようよ!
■ XOOPSモジュール毎に別々のテーマを利用します。
ユーザーが自分用に見易いテーマを決めるべきですが、XOOPS管理者として推奨するテーマを、XOOPSの様々なモジュール毎に個別に設定できるようにしましょう。
新築したようにテーマがモジュール毎に変化するのって、楽しいよね。

警告
 ここからはXOOPS本体のハッキング行為が含まれます。XOOPSサイトのサポートは期待できません。この点をご理解願います。 筆者の望みは、より便利なXOOPSを誰でも利用できることです。 可能な限り筆者はサポートを行いますが、即時サポートや、より専門的なサポートには限界があります点、ご理解願います。 XOOPSサイトには質問をされないように願います。 つまり建前で申しますと「自己責任」の範囲でインストール願います。 あなたが「いらち」な方で、本記事を読み進めることなく、インストールを強行し、トラブルに見舞われましても筆者は責任を負えませんし「XOOPSを全削除して、配布元のオリジナルファイルセットを利用してインストールからやり直してください」が返答内容となる点もご理解願います。
 是非、今現在のファイル群とDBのバックアップを行ってください。そうすれば元に必ず戻せます!
MySQLやPHPなどのバージョンの組み合わせと言う意味において、 Webサーバーの管理バージョンは実に様々です。
その様々な異なる環境によっても挙動を異にするアプリケーション。
自己責任の自力を頼りに運用を開始するXOOPSでは、
XOOPS管理者がシステムをハックすること。ハックしなければ機能が正常にならないこと。
この点を理解できれば、本サイトでご紹介しているXOOPSサイトとは異なるソースの配布など、異常とは考えられません。
 どうぞ、こわがらずに利用してみてください。
あなたはそれでも多言語化を無視して運用を開始しますか?
テーマの多言語化も無用ですか?
多言語化しても phpMyAdmin は文字化けしませんよ。

今、世界は、言語の壁を越えようとしています。
  1. 留学生が在籍する学校なら、必ず文字化けしない多言語対応XOOPSが求められませんか?
  2. グローバルな取引が必要な企業でも、必ず文字化けしない多言語対応XOOPSは求められませんか?


【目次】


 スペシャル31テーマの配布:  ダウンロード 
 PHPのバージョン:   4系と5系で利用確認済み!  

テーマチェンジャーモジュールを導入する

※ オリジナル開発元の配布場所は、ここです。操作並びに仕様の詳細は開発元をご覧下さい。この場を借りて感謝申し上げます。

01-1  あなたは「XREAで完璧XOOPS その1」で「 phpMyAdmin で一切の文字化けなく編集可能で、多言語XOOPSの各国語XOOPS画面で文字化けなし 」を確認されたことは最低条件です。 次に「XREAで完璧XOOPS その2」では、メールの文字化けが皆無であることも確認が済んでいることも絶対条件です。「XREAで完璧XOOPS その1」「XREAで完璧XOOPS その2」のファイル群とDBを全削除して、「XREAで完璧XOOPS その3」で配布中の準フルファイルセットなUTF-8版XOOPSのインストールは完了していますね。ここまでがXOOPS配布元と、ほとんど変更箇所はありませんので、おそらくサポート対象に近いと考えられますが、それでもオリジナルファイルセットでは無いわけですから、XOOPS開発チームからのサポートは受けられないと存じます。 それでも良ければ、勇気を出して前に進みませんか。

XREAで完璧XOOPS その4」では、「utf-8文字コードの為のシステム置き換えとメール文字化け対策」を目的としたXOOPSシステムファイルの置換作業ですが、終了していますね。

※ あなたのXOOPSは多言語に対応し、phpMyAdmin とも、メールも文字化け無しの状態にあるはずです。 さあ、31のテーマをインストールしましょうか。
02-1  くどいようですが、今現在のファイル群と、DBのバックアップを行ってください。そうすれば、元に戻すことが簡単となります。 バックアップは習慣にするべきです。 是非、実施願います。 XREAさんの別サーバーのアカウントを一時的に取得して、惨事復旧の予行演習を行ってみてください。ファイル群を復旧するのはFTP転送ですね。DBの復旧はエキスポートとインポートですね。 是非、XOOPSの移植体験を行って、手順をメモしてくださいませ。
03-1  ダウンロードして解凍し、ftp転送して、全て上書きしてください。31のテーマと、モジュール「テーマチェンジャー」と、新しいディレクトリー「 update 」と、admin.php を上書きします。
※ ファイル「 mainfile.php 」のバックアップを推奨します。
XREAで完璧XOOPS その3で詳細解説中の、2007/05/17 00:00am JST に配布を開始しましたXOOPS2準フルファイルセット最新版での運用の場合は、以下の 04-1から04-4は無用です。必ず、無視して飛ばして05-1より実施願います!!
04-1 5c3c3f56.png SIZE:826x353(9.7KB) update/index.php ファイルを実行します。今回のアップデートは「日本語」でも「英語」でも構いません。多言語に全く影響しません。
04-2 5d1ffec8.png SIZE:824x352(10.0KB)  mainfie.php を作り変えます。バックアップはしましたね。書き込み可能にパーミッションを変更しておいてください。
04-3 78290b14.png SIZE:823x672(23.8KB)  各パラメーターは変えなくても良いはずです。変えないで下さい!
04-4 4c6635c2.png SIZE:825x457(13.6KB)  アップデートを終了しますと、ファイル「 mainfile.php 」が新しくなります。細かな改訂内容は追い追い解説できるでしょう。今は、このまま前に進みますか。さて、これでXOOPS開発サイトからのサポートは期待できませんよ!宣言ですね(笑)
さあ新しいモジュールをインストール致しましょう。
05-1 5f5ced6f.png SIZE:836x402(13.8KB)  XOOPSにログインし、多言語をenglishにしてから、管理者メニューに移動します。モジュールをインストールします。 
※「XREAで完璧XOOPS その10」による多言語版XOOPS2フル・ファイル・セットなインストーラーによる運用によって、今では、モジュールのインストール時の言語を「 japanese 」にすることで、モジュールのブロックタイトルが多言語化になります。「 english 」だと、当該モジュールのブロックタイトルは英語だけとなります。
重要   筆者は、モジュールのインストールの時だけは、多言語切り替えを「 english 」にします! あなたの少しの努力が「隣国、周辺国、グローバライゼーション」に必ず貢献しますよ。
※「XREAで完璧XOOPS その10」による多言語版XOOPS2フル・ファイル・セットなインストーラーによる運用によって、今では、モジュールのインストール時の言語を「 japanese 」にすることで、モジュールのブロックタイトルが多言語化になります。「 english 」だと、当該モジュールのブロックタイトルは英語だけとなります。
05-2 e85a877a.png SIZE:315x461(12.6KB)   筆者が言及したいのは、「モジュールを新規にインストールする時は english で行うべし」であります。それ以外の管理者メニューにおけるオペレーションは、好きな言語で構いません。
 管理メニュー >> system >> 一般設定 >> ・一般設定 [編集] を選択します。

※「XREAで完璧XOOPS その10」による多言語版XOOPS2フル・ファイル・セットなインストーラーによる運用によって、今では、モジュールのインストール時の言語を「 japanese 」にすることで、モジュールのブロックタイトルが多言語化になります。「 english 」だと、当該モジュールのブロックタイトルは英語だけとなります。
05-3 91b3880b.png SIZE:641x237(10.8KB) デフォルト・サイトテーマを「 z_changeable_theme 」にします!
選択可能なテーマには「 z_changeable_theme 」以外を選択します。この2箇所だけを変更して「送信」ボタンを押しましょう。
05-4 ac7978e1.png SIZE:303x431(9.0KB)  テーマチェンジャーのブロックを表示させましょう。
05-5 ca92f9af.png SIZE:614x246(8.2KB)  テーマチェンジャーブロックを表示させましょう。これで訪問者は自分に合ったテーマを選択できます。本ブロックの編集画面の「スクリーンショット表示」をONにしてみますか。「 default 」以外はスクリーンショット付きですよ。
05-6 66812e4b.png SIZE:202x296(5.1KB)  筆者が期待するブロックの表示は左の画像ですが、表示されましたでしょうか?
【課題】: テーマ「 default 」には「スクリーンショット」がありません。どうしましょうか? 画像を作るのも良し、選択できないようにするのも良しですね。

テーマの削除は注意が必要です

  1.  まずは「サポート日程の告知」ですね。今は導入していませんが、NEWSモジュールなどを利用して「閉鎖」日程を告知しましょう。
  2.  XOOPSの管理メニューから「閉鎖」を選択しましょう。「閉鎖」については既出ですね。読み返しましょうか。国旗アイコンの追加と、説明文章の多国語化にトライしてみてください。
  3.  まずは管理画面におけるテーマチェンジャーの設定「 対応/編集/削除 」において利用の宣言が無いことを確認します。あれば他のテーマと代替えするか、定義を削除しましょう。
  4.  次にXOOPSの管理画面より、システム設定メイン »»一般設定 の「 選択可能なテーマ 」より削除するテーマを除外します。Win系なら、Ctrlキーを押しながら、該当するテーマを反転させます。そして、送信。
  5.  やっと themes ディレクトリーより削除可能です。
  6.  XOOPSの「閉鎖」を解除します。閉鎖する意味とは、削除される運命のテーマを利用中のユーザーがXOOPS利用中にエラーとなることを防ぐためですね。
    ※ 以上を遵守しないと、XOOPS起動時に「画面が真っ白」となるかも知れません。復帰には「 phpMyAdmin 」によるXOOPSシステム領域の編集か、消したテーマの復旧が必要となるでしょう。大変な作業となりますね。

XOOPSバナー管理に定義しましょう

06-1 0b2d382d.png SIZE:319x346(10.0KB)  初めて見る方も少ないでしょうか。管理メニュー >> バナー管理 を選択します。

※ XREA+契約に至っていない場合、XREAを利用するのに広告を表示していない場合は削除対象となります。必ず設定しましょう! 本処置を忘れてしまって削除されても筆者は責任を負えません。

06-2 498062b1.png SIZE:484x350(9.2KB)  適当にクライアントを定義します。ログイン名とパスワードを設定しておけば、統計情報にアクセスできます。
06-3 8b89829d.png SIZE:394x154(3.2KB)  XREA.COMのコントロールパネルから、広告HTMLをクリックしたところが左の画像です。広告HTMLコードを全て選択し、Win系ならCtrl+Cで記憶する。
06-4 16723ae4.png SIZE:479x303(5.8KB)  XOOPSの画面に戻って、バナー登録を完了する。「 バナーを追加 」にはクライアント名を選択したら、「 HTMLを使用 」にクリックして、「 HTMLコード:」欄に先程記憶したHTMLデーターを転写する。Win系なら、Ctrl+Vですね。
「 購入済インプレッション数:」には半角数字の「 0 」ゼロを入れておくこと。登録が完了したら、XOOPSの管理画面から抜けて「ホームページ」に戻ってみよう。XREA指定の広告が表示される。

本格稼動の前に行うべきこと

1.管理メニュー、システム設定メイン »»一般設定 の、
「 themes/ ディレクトリからの自動アップデートを有効にする 」を「いいえ」にすること。
2.管理メニュー、システム設定メイン »»一般設定 の、 [添付]
「 デバッグモードを有効にする」の項目を「オフ」に変更すること。
XOOPS 2.0.13JPより、新規インストール時にPHPデバッグモードがデフォルトで有効になりました。オフにしないと
Notice [PHP]: Only variables should be assigned by reference in file ~を表示したりします。

themesディレクトリー下を Lightbox Plus で閲覧してみよう

60a8e032.png SIZE:872x880(22.9KB)  themes ディレクトリー直下にファイル「 htaccess 」を添付しました。XREAサーバーなら、このファイル名を「 .htaccess 」に変え、ファイル「 index.html 」を削除しますと、themesディレクトリー以下の全ての階層をブラウザーで閲覧できます。画像関係は、筆者が推奨する「 LightBox Plus 」がXREAなら機能します。試してみてください。安全の為に「PHP」ファイルは表示されません。テーマを開発してみようと考えるのなら、全てのテーマを、まずは見ますか。
【 警 告 】:  他のディレクトリーにhtaccessファイルを安易にコピーして設置しないでください! セキュリティー上、非常に危険となります!!

あくまでも自己責任の範囲ですが、readme.htmlを変更しないで、readme.html付きでwelcom.htmlともどもコピーすれば、どこのディレクトリーの画像も「 [[LightBox Plus>Lightbox Plus を使ってみる]] 」効果を利用したファンシーインデックス化を実現できます。

筆者がクールだ!と思えるテーマは、is_urbanizeですね。青色ボタンを押してみてください。(*^^*)

XREAの場合はicons参照用のシンボリックリンクファイルが必要です。

 XREAのサーバーの場合、ファンシーインデックスで参照されるアイコン画像のURLパスが不適当で、アイコン画像全てがリンク切れとなる場合があります。
そんな場合は、SSHでサーバー側コンソールに入り込んで、シンボリックリンクファイルを1つ、作成していただければ、リンク切れを解消できます。
 ps ax |grep httpd

を実行して、Apacheがインストールされているディレクトリーを推察して欲しい。ここでは解説の都合上、「 /usr/local/apache 」だと仮定します。

 ls /usr/local/apache/icons

と、入力してみて画像群が表示されることを確認する。もしも無ければ、サーバー管理者に所在を問い合わせていただきたい。
 後は、シンボリックリンクファイルを「 public_html 」ディレクトリーに作成する。

 ln -s /usr/local/apache/icons ~/public_html/icons

これでシンボリックリンクファイルが作成される。最後に、

 ls -l ~/public_html/icons/*

で、画像群が表示されることを確認しよう!
※ シンボリックリンクファイルはftpソフトでは消せません。サーバーのパーミッションが弱ければ、リンク先のファイルが消えることも注意しなければなりません。ご自分で作成したシンボリックリンクファイルを削除したい場合は、SSHで再度コンソールログインしてから、直接、削除してください。

rm -f ~/public_html/icons

課題?それとも宿題?

※ あなたが本ページだけを読んでもXOOPSの他言語化は不可能です。筆者は「 XREAで完璧XOOPS その1 」~「 XREAで完璧XOOPS その10 」の順路に沿ってステップアップされた方を応援しているからです。
 それでも課題はありますね。全てのテーマが完璧ではありません。他言語化 english にしてからテーマを切り替えてみてください。きっと一部が日本語のままのテーマが存在するでしょう。どうか、あなたさまが、テーマの他言語化をなさってみてくださいませ。
 またスクリーンショットの無いテーマがありますよね。筆者としては削除しても良いテーマだとも思っていますが、もちろんスクリーンショットを作成して埋め込んでみてくださいませ。知識が増えれば聡明となりえます。 自転車に乗れると遊びの圏内が拡大するのと同じですよね。 でも、交通事故死する確率は増えますが・・・・ 頑張ってみてください。応援しております。

【参考HP】

⇒ 画面キャプチャーをしますか。
⇒ 秀丸でUTF-8文字コード変換しようか。

順路

free.imil.to_6a.gif SIZE:48x48(1.6KB) 順 路 free.imil.to_6a2.gif SIZE:48x48(1.6KB)
http://fs4y.com/?e=6&l

includes/vote2007 を参照

匿名アンケート
年齢 性別
選択肢 投票
0代25  
10代16  
20代14  
30代30  
40代28  
50代26  
60代10  
70代2  
80超7  
思い出せない4  
選択肢 投票
女 性20  
男 性44  
わからない2  
宇宙人7  

年齢・性別はこのPukiWikiで一度だけ
回答ください

本ページは役にたった
選択肢 投票
役に立った0  
たたなかった0  
わからない0  


添付ファイル: fileimage.blog.livedoor.jp_058b0adb-s.png [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_898189a0-s.png [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_60a8e032.png 1259件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_16723ae4.png 1578件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_8b89829d.png 1374件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_498062b1.png 1326件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_0b2d382d.png 1248件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_66812e4b.png 1232件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_ca92f9af.png 1428件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_ac7978e1.png 1337件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_91b3880b.png 1178件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_e85a877a.png 1364件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_5f5ced6f.png 1273件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_4c6635c2.png 1256件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_78290b14.png 1304件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_5d1ffec8.png 1285件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_5c3c3f56.png 1303件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_f316a7fd-s.png 501件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_a21aa5b2.png 1301件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_2cadbae8.png 1386件 [詳細] ... more 64 files. [ Show All ]

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://www.fs4y.com/modules/pukiwiki1/tb/76