ログイン  |  新規登録  |
Google Translate

サイト情報
言語選択 flagflag
デバッグ・ウィンドーサイズ
PukiWiki最新記事
サイトマップ
PukiWiki新着添付ファイル
PukiWiki新着トラックバック
デバッグ表示
PHP_VERSION : 5.3.29
REGISTER_GLOBALS : false
ALLOW_URL_FOPEN : true
internal_encoding : UTF-8
mbstring.language : Japanese
http_input :
http_output : pass
func_overload : 0
mail_charset : ISO-2022-JP
mail_header_encoding : BASE64
mail_body_encoding : 7bit
$ HTTP _SERVER _VARS[ REMOTE _ADDR] : ND
$ REMOTE _ADDR : ND
$_SERVER[REMOTE_ADDR] : 23.20.248.132
$ _SERVER[ HTTP _X _FORWARDED _FOR ] : ND
オンライン状況
17 個所からの接続を検知しました。(3 人のユーザが PukiWiki2008 を参照しています。)

ログインユーザー: 0
総接続数: 17

もっと...
PR i

flagflag
このXOOPSは?
Utype XOOPS 2.0.16a MLと呼んでいます。 >UNICODE >UTF-8 >UJiki

以下は改訂履歴からの一部の抜粋にすぎません。全ての改訂履歴はここをクリックしてください。
  1. 独自インストーラー仕立てで誰でも簡単インストール
  2. CGI/PHPモード選択可能だから直前直後の「パーミッション変更」も無用! インストール直後に全自動でインストールディレクトリーをランダムにリネームし、パーミッションを 400に強制変更しますから安心! パーミッション問題が皆無になるのは、これからのインストーラーのスタンダード!
  3. 初心者向け「バカチョンオートモード」も搭載で入力項目を可能な限り省略しました。もちろん「プロフェッショナルモード」も選択可能だから初心者以外もご不満なし。
  4. 「全モジュールインストールモード」搭載で全ての同梱モジュール全てがインストールされます。インストール直後より全モジュールが稼動していますので、後は好きになれないモジュールはマスクするかアンインストールすると言う逆転発想のインストーラー。 もちろん従来のインストールも選択可能。
  5. 複数のXOOPSを唯一のユーザーDBで稼動可能
    XOOPSアカウントセンター」標準機能!
  6. 単純なMD5ハッシュ利用は取り止めました。ユーザーパスワードを護ります!
  7. UTF-8専用の多言語処理。日本語専用化も可能!
  8. 多言語なのにXOOPSキャッシュ機能をフルサポート!
  9. MySQL5(UNICODE)専用! 推奨しませんがMySQL4での利用も可能
  10. phpMyAdminで文字化け皆無(MySQL5)
  11. mysqldumpでも文字化け皆無 (MySQL5 / UNICODE)
  12. MySQL5とPHP5とはUTF-8通信
  13. PHP5で利用するUTF-8
  14. XOOPS PHP全スクリプトは圧縮済みの最高速
  15. PHPスクリプト言語はUTF-8
  16. インターネット通信網をUTF-8
  17. ブラウザーもUTF-8表示
  18. 通信中の無駄な文字変換が無いので最速
  19. ワンタイム・パスワード運用に変更。だから安全
  20. 管理者が自由な設定で定期的に各ユーザーにパスワードの変更を促す簡単プロフィール画面が自動的に立ち上がる。
  21. 24時間メールアドレス変更可能
    独自認証機能。履歴表示機能。
  22. 共用メールアドレスを完璧サポート
    セルグループから始める教育現場での利用を完全サポート!
  23. インストール直後より
    1. 多言語機能自動稼動
    2. 最新PROTECTOR自動稼動
    3. 共用SSLサーバー利用即時OK
    4. ハートビートセッション延長機能搭載
      それでもハイジャックされない
    5. 送信箱附PM機能
  24. 個人情報を護るのは標準仕様!
    1. 新規登録SSLモード提供
    2. ログイン処理はSSL
    3. パスワード紛失処理はSSL
    4. メルアド変更処理はSSL
    5. プロフィール編集はSSL
    6. ゲストからはプロフィールがマスク
  25. XREA広告義務サーバーでも問題無し! テーマデザインを崩しません! 画像認証機能も問題なし!
  26. ゲストによるXOOPSコメントは画像認証自動搭載
  27. ゲストによるフォーラム投稿は画像認証自動搭載
  28. プロフィールとAjax郵便番号を融合済み
  29. ユーザーグループ・コピー機能搭載
  30. Affiliate目的のアカウント取得を排除
  31. フルLightbox対応済みのMyAlbum-P標準同梱
  32. 3種類のLightbox同梱
  33. 全てのBBコードでLightbox自動機能
    リンク先に画像が無いページではLightbox化させない。よって無駄な通信負荷は起こり得ない!
  34. 全てのモジュールでLightbox自動機能
  35. 静止画像だけでなく、FLV動画、MP3音楽や朗読もLightbox自動処理
  36. 管理画面でLightbox処理を選択可能
などなど




※ 今直ぐにゲットしよう!
ここから


flagflag
Uliki.oO
- Ujiki.oO 2009 -

※ 無断転載は禁止しています ※
全てのコンテンツにつきまして事前許可の無い転載を禁止しております。リンクは自由に行ってください。将来に渡り「リンク切れ」を起こさないためには「当サイトのWebリンク」への登録が必要です。
XOOPS左サイドバーを隠す(開発途上)
サイト記憶
本ページをブックマークする
Counter: 23160, today: 1, yesterday: 3

XREAで完璧XOOPS その8

※本ページは筆者が作成したLivedoorWikiより移植したものです。


あの便利な Lightbox Plus を myAlbum-P 2.9 に実装しようか

【目次】

参考デモページ

各ブラウザーでの表示例
Firefox1.5.0.11 IE6 Opera
FF.jpg SIZE:823x623(128.8KB) IE6.jpg SIZE:823x623(121.2KB) Opera.jpg SIZE:833x633(118.0KB)
Lunascape4(Gekko) Lunascape4(IE) Sleipnir
LunaA.jpg SIZE:831x628(134.6KB) LunaB.jpg SIZE:831x628(126.3KB) Sl.jpg SIZE:833x633(144.4KB)
HAMSTER Site - ハム画像+ XREAサーバーです。 Lightbox plus はクライアント・サイド・アプリケーションですので、データーが全て、あなたさまのブラウザーに受信してから後に、あなたさまのブラウザーが処理を実行して機能します。そのような理由ですので、レスポンスが遅いかも知れませんが、受信完了までクリックするのはお待ち願います。尚、JavaScriptファイルもブラウザーにキャッシュされますので再訪問時は改善されるかもです。まあ、デモですので、レスポンスの悪さはご容赦願います。m(__)m
さて、Lightbox Plus についての詳細な記事は、「 Lightbox Plus を使ってみる 」をご覧下さい。

当モジュールの特徴

  1. テーマの編集は無用です。
  2. MyAlbum-Pの「 photo.php 」を起動するまでは、クライアントプロセスに負荷を与えません。
  3. 画像以外をMyAlbum-Pの「 photo.php 」で表示した場合、クライアントプロセスに負荷を与えません。
つまり、画像種に限定してMyAlbum-Pの「 photo.php 」で表示した場合に Lightbox Plus 環境を自動的に構築します。

Lightbox Plus を実装した、MyAlbumモジュールの配布開始

【本Wikiページの目的】:

  1. 既存稼動中のXOOPS2モジュール「 myAlbum-P 2.9 」に簡単にアドオン導入を可能にする
  2. また、簡単にアンインストールを可能にする
  3. 既存稼動中とは別の「 myalbum8 」や「 myalbum9 」でテスト可能
  4. 無駄、無用なJavaスクリプトを発生させない。「 photo.php 」実行時に、画像ファイルの場合だけ、Lightbox Plus 環境を構築する。PDFファイルや、圧縮化ファイル時は、target=_blank となって、無用な Lightbox Plus スクリプトを発生させない。
※ 以上を達成するためにモジュール配布を行います。

必要と思われるスキルとは

※ 本Wikiでの解説では、XOOPS2のモジュールの導入については既に理解ができる方を対象にしております。また、「 myAlbum-P 2.9 」の詳細操作のご案内は割愛します。
 つまり初めて「 myAlbum-P 2.9 」をご利用になる方は、当方のインストールの前に、「 myAlbum-P 2.9 」正規配布品のダウンロードと、インストール、そして利用する為の調整を行って、「 myAlbum-P 2.9 」の操作に慣れて下さいませ。もしも文字化けが起こる場合は、本ダウンロードによって改善される場合がありますので、落胆されないように願います。

ダウンロード

プレ・インストール

1.Lightbox Plus共有基本ディレクトリーの転送
 配布ディレクトリー「 modules / myalbum / LightboxPlus 」をそのまま転送願います。本段階で、何も影響しません。
2.必要なら myalbum8 ディレクトリーの転送とモジュールインストールとテスト
「 modules / myalbum8 」をそのまま転送願います。
3.必要なら myalbum9 ディレクトリーの転送とモジュールインストールとテスト
「 modules / myalbum8 」をそのまま転送願います。
※モジュール「 myalbum8 」なり「 myalbum9 」を通常のモジュールのようにインストールします。基本の「 myalbum 」と全く同じです。モジュール「 myalbum8 」なり「 myalbum9 」を利用する場合には、Lightbox Plus共有基本ディレクトリーとなる「 myalbum 」下に当配布物である「 LightboxPlus 」ディレクトリーとその下のファイル群が必須です!

モジュール「 myalbum8 」利用検証の意義

※ PHPのバージョンや、MySQLのバージョン、そして.htaccessなどの指定によって、mbstring機能の効果によって、文字化けが無いことを検証する目的のモジュールです。
つまり「 submit.php 」なり「 editphoto.php 」は、配布元のオリジナルです。さて、文字化けは起こりませんか?! 起きなければ、とても幸せなことです。「 submit.php 」なり「 editphoto.php 」の改竄は無用だと言うことです。
 筆者の経験では、Free Web Hosting の中には、mbstring変換パラメーターの設定を許可していないサーバーもありました。そのようなサーバーに遭遇しても、文字化けしないようにすることを考えることは必要でした。

モジュール「 myalbum9 」利用検証の意義

※ 筆者は、mbstringに関する指定を省くことによって、少しでもサーバー側のストレスを軽減させて、尚且つ、文字化けしない「UTF-8なXOOPS2」を目指してきました。そこで、「 myalbum8 」のオリジナル配布品のコードを改竄したのが「 myalbum9 」です。「 submit.php 」なり「 editphoto.php 」を改竄しています。mbstring変換に依存しない設定時に「 myalbum8 」のオリジナル配布品で文字化けが起こる場合に、是非「 myalbum9 」を試してみてください。
※ 改訂内容は、
 http://xoops.peak.ne.jp/modules/d3fo­rum/index.php?post_id=6421
で詳しく触れております。この当時のレポートでは、「プレビュー」機能が不備ですが、本Wikiでの配布品では当然改訂しております。
※ XREAサーバーでは、PHP4+MySQL4系統も、PHP5+MySQL5系統でも、myalbum の管理画面で、カテゴリーの登録/編集において漢字の文字化けは起こりませんが、他のサーバーではカテゴリー編集時に漢字の文字化けを起こす場合があります。そこで、myalbum / admin / index.php を改訂しました。これでカテゴリー登録も文字化け無しですね。
※ また、PHPによっては警告を表示しますので、myalbum / include / read_configs.php を改訂しました。

さあ、あなたの myAlbum-P 2.9 にインストールしましょうか

※ 文字化けがあって、改竄された「 submit.php 」なり「 editphoto.php 」を利用する筆者製の(笑) 「 myalbum9 」を利用すると、文字化けが無くなりましたか? それとも最初から文字化け無しですか? 既に myAlbum-P 2.9 を利用されているのですから、文字化け対策済みですよね。 それでも近い将来、新しいサーバーに移転する時には、思い出してみてください。「 今度は、mbstring変換プロセス抜きでスタートしますか。 」ですよね。
※ 筆者は、ここまで、mbstringに関して無指定なまま、XREAでは利用できております。 mbstring変換が無いだけ処理は早いはずですよね。 (^^)

モジュール「 myalbum8 」で文字化けなく、Lightbox Plus を利用できた場合のインストール

※ アンインストールする場合に備えて、上書きするのではなく、元ファイルはリネームしておきましょうか。それともバックアップを行ってください。

1.add_module / myalbum / photo.php を導入します。
 言語に依存しませんので、EUC-JPなXOOPS2でも利用できますよね。
2.add_module / myalbum / templates / myalbum_photo.html を導入します。
 myalbumモジュールの副番に合致したテンプレートを間違い無く選択しコピーしてください。
3.MySQL内のDBのテンプレートを更新しなければ、目的地に到達しません。*1
「 [[XREAで完璧XOOPS その6 - XOOPSテンプレート管理モジュール「 tplsadmin module 1.01 」の導入と更新処理>XREAで完璧XOOPS その6#tplsadmin]] 」を参照願います。順路の通りに読まれた方は、既に tplsadmin module 1.01 を利用されてますね。

モジュール「 myalbum9 」で文字化けなく、Lightbox Plus を利用できた場合のインストール

※ アンインストールする場合に備えて、上書きするのではなく、元ファイルはリネームしておきましょうか。それともバックアップを行ってください。

1.add_module / myalbum / photo.php , submit.php , editphoto.php
  add_module / myalbum / admin / index.php
  add_module / myalbum / include / read_configs.php を導入します。
 言語に依存しませんので、EUC-JPなXOOPS2でも利用できますよね。
2.add_module / myalbum / templates / myalbum_photo.html を導入します。
 myalbumモジュールの副番に合致したテンプレートを間違い無く選択しコピーしてください。
3.MySQL内のDBのテンプレートを更新しなければ、目的地に到達しません。*2
「 [[XREAで完璧XOOPS その6 - XOOPSテンプレート管理モジュール「 tplsadmin module 1.01 」の導入と更新処理>XREAで完璧XOOPS その6#tplsadmin]] 」を参照願います。順路の通りに読まれた方は、既に tplsadmin module 1.01 を利用されてますね。

Q&A

Q: ちょっとだけ、Lightbox Plus の機能をOFFしたいのですが、簡単ですか?

A はい簡単です!
 ディレクトリ-「 myalbum 」下に配置されたLightbox Plus共有基本ディレクトリー「 LightboxPlus 」ディレクトリーをリネームするだけです。これで、全ての「 myalbum, myalbum0 ~ myalbum9 」が自動的にオリジナルな仕様に戻ります。

Q: 独自のオーバーラップ画像との交換は可能でしょうか?

A はい簡単です。(*^^*)
 ディレクトリ-「 myalbum / LightboxPlus 」ディレクトリー下のファイル「 lightbox_plus.php 」の、JavaScript変数「 OVERIMGURL 」を変更します。初期値は以下の通りです。どこの画像でも埋め込み可能ですよ。楽しんでください。
if($photo['is_newphoto'])
 $lightbox_plus="var OVERIMGURL='".XOOPS_URL."/modules/$basedirname/images/newred.gif';";
else if($photo['is_updatedphoto'])
 $lightbox_plus="var OVERIMGURL='".XOOPS_URL."/modules/$basedirname/LightboxPlus/images/update2.png';";
else if($photo['is_popularphoto'])
 $lightbox_plus="var OVERIMGURL='".XOOPS_URL."/modules/$basedirname/images/pop.gif';";

Q: myalbumxそれぞれに異なるLightBoxを導入可能でしょうか?

A はい、可能です。
 以下は、「 photo.php 」に埋め込んだスクリプトです。参考にして下さい。PHP変数「 $basedirname=$mydirname; 」にすれば、個々の LightboxPlus を参照するようにはできますね。
/*	BEGIN	---	for Lightbox 2007/05/20 by Ujiki.oO	*/
//	$basedirname = $mydirname;
	$basedirname = "myalbum";
$file_ext = strtolower($photo['ext']);
$xoopsTpl->assign( 'file_ext' ,$file_ext ) ;
if($file_ext=='jpg'||$file_ext=='gif'||$file_ext=='png'){
 if(file_exists(XOOPS_ROOT_PATH."/modules/$basedirname/LightboxPlus/lightbox_plus.php")){
 include_once XOOPS_ROOT_PATH."/modules/$basedirname/LightboxPlus/lightbox_plus.php" ;
 if(!empty($lightbox_plus))
 $xoopsTpl->assign( 'xoops_js' ,"$lightbox_plus" ) ;
 $xoopsTpl->assign( 'Lightbox' ,'on' ) ;
 }
}
/*	END	---	for Lightbox 2007/05/20 by Ujiki.oO	*/

【 解説 】:

  1.  $basedirname
     初期値は「myalbum」固定で、「LightboxPlus」を参照します。
  2.  $file_ext
     ファイルの拡張子を代入します。
  3.  $xoopsTpl->assign( 'file_ext' ,$file_ext ) ;
     テンプレート側で「 PDF 」な場合に、_blank していたりします。
  4.  後は、テンプレートの編集ですね。photo.php が参照するテンプレートは、「 templates 」下の「 myalbumx_photo.html 」ですね。注記)xには数字が当てはまりますよね。または、myalbum_photo.html

応用

他のサイト、手打ちによる画像などの利用を禁止させる方法:

※ 今回の配布ファイルには、「 uploads / photo8, photo9 / htaccess 」ファイルがあります。是非、参考にして下さい。

  1. > 配布ファイルのURLを自分のサイトに変更する。
    配布品は例としての特定のURLからの接続時のみ閲覧可能な設定ですね。
    仮に、あなたのXOOPS2サイトが、「 http://www.abcd.co.jp/ 」なら、
SetEnvIf Referer "^http://www\.abcd\.co\.jp/" ref_ok
と、変更しましょう。Lightbox Plus の機能とあいまって、著作権利保護の方向に少し前進できるのかも知れませんね。

全てのモジュールでLightboxを利用する方法

※ 2007/06/18 「 XREAで完璧XOOPS その10 」でご案内中のインストーラーで新規インストールを行いますと、管理メニューが新設され、管理メニューとの対話だけで、全てのモジュールにおける「リンク先が画像」の場合にだけ、クライアント・プロセスである「 Lightbox Plus 」環境を自動的に構築します。

※ そこで、「 XOOPSの全てのモジュールでLightboxを利用する方法 」で、解説することと致しましょう。
PDFファイルなどを、open.window で表示させる機能も追加完了しております。

順路

free.imil.to_6a.gif SIZE:48x48(1.6KB) 順 路 free.imil.to_6a2.gif SIZE:48x48(1.6KB)
http://fs4y.com/?e=9&l

includes/vote2007 を参照

匿名アンケート
年齢 性別
選択肢 投票
0代25  
10代16  
20代14  
30代30  
40代28  
50代26  
60代10  
70代2  
80超7  
思い出せない4  
選択肢 投票
女 性20  
男 性44  
わからない2  
宇宙人7  

年齢・性別はこのPukiWikiで一度だけ
回答ください

本ページは役にたった
選択肢 投票
役に立った0  
たたなかった1  
わからない1  


*1 XreaCore/07_mytplsadmin が助けになるでしょうか。
*2 XreaCore/07_mytplsadmin が助けになるでしょうか。

添付ファイル: fileSl.jpg 2430件 [詳細] fileLunaB.jpg 2462件 [詳細] fileLunaA.jpg 2470件 [詳細] fileOpera.jpg 2887件 [詳細] fileIE6.jpg 2943件 [詳細] fileFF.jpg 2979件 [詳細] fileimage.blog.livedoor.jp_f316a7fd-s.png 1件 [詳細]

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://www.fs4y.com/modules/pukiwiki1/tb/59