ログイン  |  新規登録  |
Google Translate

サイト情報
言語選択 flagflag
デバッグ・ウィンドーサイズ
PukiWiki最新記事
サイトマップ
PukiWiki新着添付ファイル
PukiWiki新着トラックバック
デバッグ表示
PHP_VERSION : 5.3.29
REGISTER_GLOBALS : false
ALLOW_URL_FOPEN : true
internal_encoding : UTF-8
mbstring.language : Japanese
http_input :
http_output : pass
func_overload : 0
mail_charset : ISO-2022-JP
mail_header_encoding : BASE64
mail_body_encoding : 7bit
$ HTTP _SERVER _VARS[ REMOTE _ADDR] : ND
$ REMOTE _ADDR : ND
$_SERVER[REMOTE_ADDR] : 54.196.89.247
$ _SERVER[ HTTP _X _FORWARDED _FOR ] : ND
オンライン状況
5 個所からの接続を検知しました。(2 人のユーザが PukiWiki2008 を参照しています。)

ログインユーザー: 0
総接続数: 5

もっと...
PR i

flagflag
このXOOPSは?
Utype XOOPS 2.0.16a MLと呼んでいます。 >UNICODE >UTF-8 >UJiki

以下は改訂履歴からの一部の抜粋にすぎません。全ての改訂履歴はここをクリックしてください。
  1. 独自インストーラー仕立てで誰でも簡単インストール
  2. CGI/PHPモード選択可能だから直前直後の「パーミッション変更」も無用! インストール直後に全自動でインストールディレクトリーをランダムにリネームし、パーミッションを 400に強制変更しますから安心! パーミッション問題が皆無になるのは、これからのインストーラーのスタンダード!
  3. 初心者向け「バカチョンオートモード」も搭載で入力項目を可能な限り省略しました。もちろん「プロフェッショナルモード」も選択可能だから初心者以外もご不満なし。
  4. 「全モジュールインストールモード」搭載で全ての同梱モジュール全てがインストールされます。インストール直後より全モジュールが稼動していますので、後は好きになれないモジュールはマスクするかアンインストールすると言う逆転発想のインストーラー。 もちろん従来のインストールも選択可能。
  5. 複数のXOOPSを唯一のユーザーDBで稼動可能
    XOOPSアカウントセンター」標準機能!
  6. 単純なMD5ハッシュ利用は取り止めました。ユーザーパスワードを護ります!
  7. UTF-8専用の多言語処理。日本語専用化も可能!
  8. 多言語なのにXOOPSキャッシュ機能をフルサポート!
  9. MySQL5(UNICODE)専用! 推奨しませんがMySQL4での利用も可能
  10. phpMyAdminで文字化け皆無(MySQL5)
  11. mysqldumpでも文字化け皆無 (MySQL5 / UNICODE)
  12. MySQL5とPHP5とはUTF-8通信
  13. PHP5で利用するUTF-8
  14. XOOPS PHP全スクリプトは圧縮済みの最高速
  15. PHPスクリプト言語はUTF-8
  16. インターネット通信網をUTF-8
  17. ブラウザーもUTF-8表示
  18. 通信中の無駄な文字変換が無いので最速
  19. ワンタイム・パスワード運用に変更。だから安全
  20. 管理者が自由な設定で定期的に各ユーザーにパスワードの変更を促す簡単プロフィール画面が自動的に立ち上がる。
  21. 24時間メールアドレス変更可能
    独自認証機能。履歴表示機能。
  22. 共用メールアドレスを完璧サポート
    セルグループから始める教育現場での利用を完全サポート!
  23. インストール直後より
    1. 多言語機能自動稼動
    2. 最新PROTECTOR自動稼動
    3. 共用SSLサーバー利用即時OK
    4. ハートビートセッション延長機能搭載
      それでもハイジャックされない
    5. 送信箱附PM機能
  24. 個人情報を護るのは標準仕様!
    1. 新規登録SSLモード提供
    2. ログイン処理はSSL
    3. パスワード紛失処理はSSL
    4. メルアド変更処理はSSL
    5. プロフィール編集はSSL
    6. ゲストからはプロフィールがマスク
  25. XREA広告義務サーバーでも問題無し! テーマデザインを崩しません! 画像認証機能も問題なし!
  26. ゲストによるXOOPSコメントは画像認証自動搭載
  27. ゲストによるフォーラム投稿は画像認証自動搭載
  28. プロフィールとAjax郵便番号を融合済み
  29. ユーザーグループ・コピー機能搭載
  30. Affiliate目的のアカウント取得を排除
  31. フルLightbox対応済みのMyAlbum-P標準同梱
  32. 3種類のLightbox同梱
  33. 全てのBBコードでLightbox自動機能
    リンク先に画像が無いページではLightbox化させない。よって無駄な通信負荷は起こり得ない!
  34. 全てのモジュールでLightbox自動機能
  35. 静止画像だけでなく、FLV動画、MP3音楽や朗読もLightbox自動処理
  36. 管理画面でLightbox処理を選択可能
などなど




※ 今直ぐにゲットしよう!
ここから


flagflag
Uliki.oO
- Ujiki.oO 2009 -

※ 無断転載は禁止しています ※
全てのコンテンツにつきまして事前許可の無い転載を禁止しております。リンクは自由に行ってください。将来に渡り「リンク切れ」を起こさないためには「当サイトのWebリンク」への登録が必要です。
XOOPS左サイドバーを隠す(開発途上)
サイト記憶
本ページをブックマークする
Counter: 17164, today: 10, yesterday: 8

SFTPセッションの設定

更新追加記事:なし

logo_145.png SIZE:200x145(20.4KB)

 さて、「 暗号化SFTPサーバーを利用しよう 」の手順の通り、SFTP通信が可能となったでしょうか?
 また、「 SFTP/SSHのパスフレーズでより安全運用しましょう 」の手順で、セキュアな長文パスフレーズを便利に利用できるようになりましたでしょうか?

 それでは次に、各sftpサーバーとの接続方法を記憶させましょう。
 さて、このページで実現させるのは、


  1. パスフレーズ付きで、パスフレーズの問い合わせ無しで、
  2. 簡単に各sftpサーバーと通信を確立する。

 パスフレーズ運用でsftp通信を行うわけですからセキュアだと言えます。
しかしながら以下の運用ミスによって、非セキュアな環境へと落下しますのでご注意願います。

  • キーストロークを記録し漏洩させるウィルスに感染している場合
  • MS-Windowsにログインしたまま離席する人




【ページ内/目次】




1. 以下の手順で新しいsftpサーバーを登録します。

※ 以下の例示はあくまでも筆者の環境による1つの選択肢です。サーバーの環境によっては柔軟に変更する必要があるでしょう。XREA/CORESERVERでの通信による実績です。

010 WinSCPsession01.png SIZE:710x480(36.3KB) 以下のみを設定します。パスワードは必ず空欄にします
  1.  ホスト名
  2.  ユーザー名
  3.  秘密鍵の指定
     秘密鍵について理解できない方は本ページを読み進めるべきではありません。
  4.  プロトコル=SFTP
     ここでは、SFTPに特化して解説します。SCPの方が処理スピードが速い場合があるかも知れません。シンボリックリンクやハードリンクを生成/削除させたい場合にSCPプロトコルも必要な場合もあるでしょう。ftpしかサポートしていないサーバーの場合もWinSCPはftpをサポートします。XREAではsftpをサポートしていますからftpは無視します。「ftpの方が早い象!」などと言う方には、即時退場していただきましょう :D
  5.  色の選択
     筆者は「どこのサーバーと接続している画面なのか」について、色を分けるようにしています。淡い色を指定しています。これは趣味の世界ですので指定しなくても構いません。また弱視の場合は別の意味で見易い画面になるのかも知れません。
020 WinSCPsession02.png SIZE:710x480(37.3KB)  この画面はログを保存させる指定です。運用が正常に開始できれば無用でしょう。
ところで「圧縮しながら転送を行う」機能をONにするのかOFFにするのかを最初に決めておくべきです。筆者の環境の場合、1対6の処理結果をこのログファイルから知りました。つまりどちらかを選択する場合、かたや10分で終了できるのに、もうかたほうは60分必要となったと言う事となります。環境によって通信のボトルネックが異なりますので各自で計測されるようにしてください。テストは「1つの圧縮済みアーカイブファイルの送信」では不十分です! よく利用するに違いない通常を考慮して、クライアント側に解凍された様々な形式のファイル群をサーバーへ送受信してみてください。例えばスタンドアローンなZenCartシステムを解凍してから全てを送受信する。またはXOOPS Legacyシステムを解凍してから全てを送受信する。アップロードとダウンロードの回線スピードが異なるプロバイダーも多いことでしょう。それなら、送信と、受信を分けて計測してみてください。重ねて解説しますが、運用開始の初期段階においてログを保存しながら通信テストを行われることを推奨しておきます。
030 WinSCPsession03.png SIZE:700x470(45.0KB)  XREAサーバーはLinuxですから初期値のままで構いません。
040 WinSCPsession04.png SIZE:710x480(35.6KB)  好きなように設定可能です。
筆者の場合は、毎回接続先のローカル側もリモート側も変えません。ローカル側はWindowsが起動されると全削除されるテンポラリー領域を利用しているからかも知れません。*1
またリモート側では「ディレクトリお気に入りを開く(ctrl+O)」を利用して簡単に移動しています。 :)
050 WinSCPsession05.png SIZE:710x480(29.3KB)  XREAサーバーなら「優先するプロトコルバージョン」は5で構わないです。最終的には3で通信しています。
060 WinSCPsession06.png SIZE:710x480(34.1KB)  本ページではsftpに特化して解説しますので、このページははしょります。 ;)
070 WinSCPsession07.png SIZE:710x480(28.2KB)  一生懸命設定して、タイムアウトによる切断切れを無くそうとされる方がおいでです。また本件に付いて間違った解説をしているWinSCPを紹介しているページもあるようです。XREAサーバーなど「みんなで利用する」運命共同体では、リソースの独り占めはルール違反と指摘を受けることでしょう。 XREAサーバーではsftp通信に対してタイムアウト設定されています。
 初期値のままに捨て置きましょう。
080 WinSCPsession08.png SIZE:710x480(31.6KB)  職場なり学内から外部に接続する際にはプロキシー経由を強制される場合があります。 その場合はプロキシー管理者に問い合わせましょう。ポートが利用できるとは限りません。個人宅からは関係の無い設定画面ですね。インターネットな外部の世界のプロキシー利用用では無いことを理解しましょう。 :)
090 WinSCPsession09.png SIZE:710x480(35.8KB)  外部から、SSH通信をサポートするゲートウェイを経由して、LAN内などのsftpサーバーと通信したい場合に利用しますが、対XREAサーバーでは利用しない設定画面です。無視しましょう。
100 WinSCPsession10.png SIZE:700x474(38.3KB)  前述の上記020で話題にした圧縮機能です。通信上のボトルネックは個々異なりますので一概には一方をお薦めできません。
 それとは別にプロトコルの優先順位は「2のみ」とします。古い仕様での通信はXREAサーバーでは無用です。「SSH2にてDESを許可」は選択しません。
110 WinSCPsession11.png SIZE:710x480(29.1KB)  鍵交換時にどの段階で警告するかの指定が可能です。再交換オプションの設定ですが、初期値のままで結構です。
120 WinSCPsession12.png SIZE:710x480(31.2KB)  認証オプションです。最終的には全ての選択肢を取り去ります。初期段階では初期値のままで良いでしょう。
130 WinSCPsession13.png SIZE:490x332(5.8KB)  初期段階においては初期値のままで十分に良いでしょう。

「保存」ボタンを押して任意のSESSEION名称で保存します。筆者はWindowsのレジストリーを利用しないで、INIファイルで保存します。*2

140 WinSCPsession14.png SIZE:490x332(5.8KB)  最後に「保存したセッション」に保存したセッションが名前順に表示されますから、ダブルクリックなどして利用しましょう。



2. 簡単アイコンで素早く利用 :D

200 IconConnect.gif SIZE:170x119(6.4KB)  このアイコンを選択すれば、素早く各sftpサーバーとの通信を開始できます。
210 IconClose.gif SIZE:170x126(6.4KB)  このアイコンを選択すれば、素早く現在通信中で表示中のsftpサーバーと接続を切ることが出来ます。
220 IconsWinSCP.png SIZE:720x338(58.3KB)  その他アイコンを利用することに慣れませんか。便利なアイコンと、ホットキーで達人を目指しますか?
※ 複数のsftpサーバーとの接続を同時に確立できます。それぞれを「alt+数字キー」で素早く切り替えることも可能であることは覚えておいても損ではありませんね。



includes/vote2007 を参照

匿名アンケート
年齢 性別
選択肢 投票
0代25  
10代16  
20代14  
30代30  
40代28  
50代26  
60代10  
70代2  
80超7  
思い出せない4  
選択肢 投票
女 性20  
男 性44  
わからない2  
宇宙人7  

年齢・性別はこのPukiWikiで一度だけ
回答ください

本ページは役にたった
選択肢 投票
役に立った2  
たたなかった0  
どちらとも言えない0  
わからない0  
コメントしてみるか


*1 窓の手 2004を利用させて戴いております。「ログオン時にTempフォルダ内のファイルを削除する」機能ですね。
*2 Windowsを強制的に復旧させてもWinSCPを即時利用を再開できるからです。

添付ファイル: fileIconsWinSCP.png 1546件 [詳細] fileIconClose.gif 1331件 [詳細] fileIconConnect.gif 1336件 [詳細] fileWinSCPsession14.png 1570件 [詳細] fileWinSCPsession13.png 1611件 [詳細] fileWinSCPsession12.png 1483件 [詳細] fileWinSCPsession11.png 1452件 [詳細] fileWinSCPsession10.png 1443件 [詳細] fileWinSCPsession09.png 1481件 [詳細] fileWinSCPsession08.png 1449件 [詳細] fileWinSCPsession07.png 1493件 [詳細] fileWinSCPsession06.png 1472件 [詳細] fileWinSCPsession05.png 1513件 [詳細] fileWinSCPsession04.png 1480件 [詳細] fileWinSCPsession03.png 1506件 [詳細] fileWinSCPsession02.png 1551件 [詳細] fileWinSCPsession01.png 1584件 [詳細]

ページコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トラックバック [ トラックバック(0) ]
トラックバック URL: http://www.fs4y.com/modules/pukiwiki1/tb/121